爆発!鋼鉄の逸物

「オーピンク! 桃!」
 廃屋の中はじめっとした空気に包まれていた。キングスマッシャーをマシン獣バラノイズに向けたオーイエロー/二条樹里は、引き金に指をかけながら顔を歪めた。
「さあ、さっさとその武器をおろすんだなあ」
 バラノイズの手の中では、オーピンク/丸尾桃がいた。マスクを掴まれ、意識を半ば失っている。マスクはヒビが入り、スーツは破れ、内部配線が飛び出ている。明らかにスーツに手をいれられ、コードを引きずり出された箇所もあった。
「卑怯よ!」
 桃との距離が離れたのはわずかな間だった。オーピンクはバラノイズに廃屋の影へと引きずり込まれ、徹底した破壊を受けたのだった。
「卑怯で結構だ! オーイエロー! さあ、どうするんだ?」
「樹里……」
 いつも元気な桃がかすれるように声を発した。
「桃」
「わたしのことは……いいから……」
「そうはいかないよなあ」
「わかったわ。それ以上、オーピンクには手出ししないで」
 そうする保証などどこにもない。むしろ二人とも捕らえられてしまうのがオチだろうと思った。だけど、桃を犠牲にするわけにはいかなくて、オーイエローは手にした銃を投げ捨てると、ゆっくり手をあげた。
「ひひっ、こい」
「オーピンクを放して」
 ゆっくり歩み寄りながら、樹里は毅然とした声をあげた。
「ひひひっ、仕方あるまい」
 ばさっと、バラノイズの手からオーピンクが放れた。力を失った桃はそのまま地面に音をたてて倒れる。樹里は手をあげたまま、バラノイズに迫り、そして、マシン獣が倒れた桃に目をやった一瞬の瞬間を突いた。
「ハァッ!」
 オーイエローの腿が地面を離れると、速度をあげた。回し蹴りが一気にバラノイズに向かう。
「ひひひひっ!」
 不気味な声を発してバラノイズは腕で、回し蹴りをガードした。
「そんな!」
 はじき返され、脚が地面に戻る。バラノイズは攻撃を予想していたかのように悠々としていた。
「ツインバトン! ハァッ!」
 ヌンチャク型の武器を掲げ、声をあげ腕をあげる。バラノイズの口が真っ赤に光る――その中から光の渦が飛び出て、一直線に向かってきた。
「きゃあああああぁあっ!!」
 樹里は声をあげた。オーイエローは回転しながら火花を噴いて地面を転がっていく。
「オーイエロー、おまえの闘志は見上げたものだ。だが、このマシン獣バラノイズは、おまえらオーレンジャーの動きを全て見切っている」
「私たちの動きを……」
 すすけた体を引きずるように起す樹里――
「そうだ。つまり、おまえら、オーレンジャーのどんな小細工も、このバラノイズには全てわかっている」
「そんなことわからないわっ!」
 オーイエローは起き上がり、背筋を伸ばして凛とした声をあげた。桃がいて逃げられなかった。逃げられなければ、樹里はどんな相手でも戦うしかなかった。
「ヤアッ!」
 樹里はバラノイズを見つめて一直線に迫っていく。チョップをする。拳を握りパンチを繰り出す。そのどちらもバラノイズには有効な攻撃になっていなかった。
「くう……」
 シュ――蒸気機関車のように、バラノイズは後ろから湯気を吹き出させた。
「では、お次はこちらから行くぞ」
 その金属の塊が動き出し、オーイエローを影が覆った。

 ――三時間後
「ああぁっっ……くっ……」
 卵形のマスクが内側にめくれあがって無惨に穴を開けていた。焦げ目は熱を持ち、プラスティックのような臭いを発していた。特徴的なゴーグルは最早原型をとどめておらず、樹里のウェーブした髪がその内側からあふれ出ていた。
「くうっ……」
 手足をワイヤーで固定され、持ち上げられている樹里は目に涙を浮かべながらも、悔しさ滲ませる表情を目の前のマシン獣バラノイズに向けていた。
「きひひひひっ」
 バラノイズはその大きな手でオーイエローのマスクが撫でた。
「お前がいくら足掻いても無駄だ。お前は敗北した。このバラノイア随一のマシン獣である俺になあ」
「誰が……オーレンジャーはバラノイアなんかに……」
「悔しいか、そうか」
 バラノイズの指が樹里の顎に伸び、ゆっくりと上を向かせた。彼女は首を振るのに、マシン獣は意に介さず、下劣な笑いを浮かべて優越感を露わにしていた。
「そうよ……」
「願望と現実は、全く別のものだ。プロの軍人であれば、そこらへんをよーく考慮することだなあ」
 バラノイズは顎から指を離し、樹里は顔を背けた。マシン獣に捕らえられ、監禁された。その場所は妙に湿気のある部屋で、スーツの表面に細かい結露がびっしりまとわりついた。
 マシン獣は湿気のことなど意に介さぬ様子で、オーイエローである樹里を弄ぶようにワイヤーで吊し、そして見下げて笑い、いま、腰を掴んで引き寄せようとしている。
「なにを……」
「呆けた声を出してからに……地球の人間は、生殖器を蹂躙されることがもっとも屈辱を受ける。それは、オーイエロー。プライドの高い女戦士のお前であればなおのことだろうなぁ」
 バラノイズの股間へミサイルが装填されるような動きで、そのキノコ型の金属が現れた。樹里は声をあげそうになるのを必死に抑えた。相手は人間じゃない。だけど、人間の心理を分析して、最も効果的な責め方を考えているらしかった。
「でも……」
「でもなんだ」
「バラノイアに犯されても、わたしは……」
「強がりはよせ。なおのこと、あとがむなしくなるだけだからなぁ」
 笑い声がする。オーイエローは引き寄せられ、バラノイズがほつれたスーツの部分から指を入れ、股間を引き裂いた。彼女の大事な場所を守っているのは、スーツと同色のショーツで、バラノイズの指がその内側へと入り込んでいく。
「はぁっ……んくっ」
 その内側に指が入り込んで、樹里は思わず声をあげそうになった。指は熱をもち、ぼわっとした感覚を抱かせた。それはまるで使い捨てカイロのように暖かく、そして、ささくれだった神経が鎮められ癒されていくような不思議な――
「どうだ? このバラノイズのヒーリングウェーブは?」
「これで、攻撃のつもり?」
「傷をつけるだけが攻撃ではない」
 バラノイズはショーツをずらしながら続けた。
「お前は、我らマシン獣の鋼鉄のペニスではイカされない。そんなふうに思っているのだろう。それは誤りであるとあらかじめ申し上げなければなるまい。オーイエロー、お前は好きそうな顔をしている」
 黄色のショーツがずらされると、そこには赤く充血した秘所が顔を見せた。透明な液で覆われ、見た目にもぬるぬるした感じを広げていた。
「えっ……」
「そうだよ、オーイエロー」
 腿を掴んだ腕が樹里を左右に広げた。鮮やかな黄色いスーツが、彼女の肉付きの良さを示している。マーシャルアーツの使い手である樹里の体は骨などないようにどこまでも柔らかく広がり――ブーンという音を発して、バラノイズの鋼鉄の逸物が上を向いて、オーイエローへ迫っていく。
「あっ……」
 にゅる。そんな音でもしたような動きだった。ノイズの逸物が股間にふれたとき、樹里はその熱を受け、そして愛液が涙のように伝い、床へ落ちた。
「くううっ……あぁっ……」
 体の中に響くのは肉の裂かれる音で、樹里は眉間にしわを寄せて頭を反らせた。膣の中に入り込んだ逸物はゆっくり抽送をはじめた。それは機械の冷たさはなく、ただ暖かさだけがあって、樹里は首を横に振ると、頭をバラノイズに捕まれた。機械油の臭いがする。
「悔しいか、オーイエロー。敵にかなわず哀れに犯される女戦士よ」
「悔しくなんか……あぁっんん……」
 頭を捕まれたまま、樹里は目の前の惨状をみていた。彼女は処女なんかではなかった。だけど、マシン獣に陵辱されている様は、グロテスクだった。そこからバラノイズは目を背けさせなかった。
「はぁっ……んんぁっ……早く抜いて……」
「お前が絶頂に達し、このペニスを求めるようになったらなあ」
「だ、だれが……あっ!」
 樹里は口をつぐんだ。膣の中でその逸物がねじれわずかに形を変えていく。そんな感覚があって、体が引き裂かれるような痛みがして、それが一瞬で頂点に達した後ぼやけて、彼女は頬をふるわせた。
「ぁっ……えっ……」
「俺たちマシン獣は生殖はできない。だが、生命体を喜ばせることはできる。もちろん、人間のオンナもなあ」
 樹里の目の前に、バラノイズがいた。目の前が真っ赤に変わっていく。彼女は首を振った。でもその赤い色は拭われることなく、そこにあった。頭痛が、まるで溶けた鉄を耳から流し込まれるようにして広がっていく。口を開いて、半開きのまま空気をはくと口の中が乾いていった。
「んんんっ……はぁっ……なんで……でも……」
 譫言のように言葉を繰り返す樹里――バラノイズが体の動きを次第に早くしはじめて、ぶら下がった体はその動きだけで揺れて、彼女に自由は何一つなく、思考は次第にぼやけていく。
「はぁっ……ああぁぁっ……」
 ダメ……頭の片隅が訴えかけてくる。樹里はオーイエローで、地球を守る戦士だった。感情に流されて、理性を崩されて、快楽を与えられて――彼女は涙を流し、体から力が抜けるのを感じた。それを見透かしたように、バラノイズに下から強烈な突き上げを与えられた。
「はぁああああんっ!!」
 関節がはずれるほどのショックに痛みはなく、むしろ樹里は思わず口を半開きにしてかすかに笑ってしまった。
「あぁっ……あんっ……ああ……」
 バラノイズの腕が胸に伸びてきた。彼女の自慢の胸ががさつな機械の腕に握られ潰された。それは彼女の体の中に入ってくるような手つきだった。樹里は、そうされることが好きだった。そうやって、無理やりされることが好きだった。でも、それはプレイの一つであるはずで、だけど、バラノイズはそんな樹里を見透かすように体の中に入り込んで、そのまま離れなかった。
「はぁっ……いやっ……」
 このまま、身も心も取り込まれてしまう。危機感に、樹里は口を曲げてバラノイズに訴えた。
「いや……? いやであれば、オーイエロー、そんなに気持ちよさそうに笑っているわけがあるまい」
「いや……なのよ……はぁっ、でも……」
 涙がこぼれる。樹里は体が熱かった。火照って焼き尽くされそうだった。業火が燃え体を焼き尽さんばかりだった。
「でも……?」
「ん、あっ……ああぁっん!」
 心地よさに押し流されるようにして、樹里は声を漏らした。頭の中には刹那の感覚だけがあって、それは最高潮に高ぶったものだった。もしかしたら、それはマシン獣の作り出した快楽なのかもしれなかった。だけど、その五感に流れ込んでくる快楽は、樹里には紛れもない本物だった。
「はぁ……んんっ……はぁああぁっ」
 膣の中で扇動する逸物にかき回され、かき乱され、声をあげることしかできなくなっていく。胸をもまれ、彼女は純白のグローブの内側で手を閉じたり開いたりした。どんな抵抗も無意味で、耳をふさぐことはできないように、体の中に流れ込んでくる快楽をただ受けることしかできなくなろうとしていた。
「はああぁ……あぁぁ……」
 つき崩される神経、快楽はどろどろに脳を溶かしていく。なにも考えられない。もう、なにも――樹里は口を開けたまま、犯されるオーイエローの体をみていた。
「わたし……犯されてる……オーイエローが……マシン獣に……」
 自分でもなにを口走っているのか理解出来なかった。スーツを着たまま犯されている。胸を締め付けるような苦しみがあって、ぐじゅぐじゅとマシン獣の金属が樹里の快楽を突き溶かそうとしている。
「さあ、なにを羞恥している……オーイエロー」
 手首を掴まれ、両手を広げられた。樹里は顔を背けた。マシン獣の逸物は熱を持ち、早くなったり遅くなったりを繰り返している。樹里の神経を煽るような動きで、切なさに掴まれた手のひらを広げたり握ったりを繰り返しながら、樹里はゆっくり首を振り、顔を歪めていく。
「あぁあっ……」
 大きく息を吐いた。狂おしく色を帯びて空気を漏らした。顎を突き出し、天を仰いだ。肩胛骨を左右から寄せて、海老ぞりになる。ぴくん彼女は震えて、目を潤ませた。
「ああんんんっ……ダ、ダメ……そんなに弄くらないで……」
 つねに理知的で冷静で、バラノイア相手には冷酷な戦士だった樹里はどこか甘えたとろんとした声を発して、目を潤ませた。
「牝豚が……気持ちよさそうによがりおって……」
「はぁっ……んん……」
 口元を緩ませて、せめぎあうように眉間にしわを寄せていた。
「はんっ……ああ……も、もう……」
 樹里は左手を股間にやった。指と指の間でその逸物の感触を感じ、手のひらで敏感になってじゅくじゅくと色づくクリトリスを突いた。
「そうだ……それでいい……」
「はぁぁっ……んん……いやっ……イク……いっちゃう……」
 目を瞑り肩を動かして喘ぐ。樹里は自分でもなにをしているかわからず、ただただ喘ぎ途切れ途切れに声を発することしか出来なかった。逸物がびくんびくんと震える。ぎゅっと音をたてて逸物が腫れ上がり、燃え上がるように熱を持つのがわかった。力を増していくその逸物にたまらなく狂おしく、樹里は眼を潤ませた。
「はぁぁっ……あああぁ……んんんんっ!! あああああ!! イクイクイク……イクはぁぁっ!」
 熱が樹里を包んでいた。黄色のスーツは艶めかしく光を放ちながら、二条樹里の肉付きの良さを示していた。陥没したマスクの中心で彼女は表情をゆがませて、ただオルガズムを受けていた。

 ――ぴくぴくと体を震わせる彼女をバラノイズは見下ろしていた。バラノイズの目は機械らしく冷徹なものを湛えていた。樹里は唇をきゅっと結ぶ。身体が息づく感覚に震えながら、目を向けていた。
「ふひひひ、これでオーレンジャーも終わりだ」
 一瞬だけ眼の色を変える。樹里にはそれが感情のように見えた。
「わたしはこれから……」
「死刑に決まっておろう。ただ、その前に、地球人には希望の星、オーレンジャーがいかにして敗北したのか、ゆっくりと見物してもらわねばなるまい」
「えっ……」
「これからおまえの痴態を地球人どものテレビ電波に載せて全世界へ公開するのだよ……ひひひっ……オーイエロー、やがておまえの命はバラノイアがいただく。しかし、それまで我々に刃向かってきたことを、どこまでも後悔させてやろうじゃないか……ひひひっ」
 樹里は声をあげた。しかし、バラノイズはその声に振り向くことなく去っていった。


inserted by FC2 system