イイモノワルイモノ

 宇佐見ヨーコの身体はアスファルトの地面のうえでくるくるっと回転した。
「くあぁっ……ああぁっ!」
 勢いが弱まり、身体を起こした。口の中に鉄の味がどろりと流れ出た。軽いめまいがして頭を振るう。脳震盪を起こしたって臥せっているわけにはいかない。ヨーコは口の不快感を吐き出したかったけれど、バスタースーツを着てマスクをつけているから、ひどいことになるのは明らかだった。
「ゴーバスターズも一人だと、大してイイモノじゃないわねえ」
 倦怠感を隠そうともせず、土煙の中から現れるエスケイプをみて、ヨーコは眉間に皺を寄せた。
「バカにしてくれるじゃない……!」
 強気でいても、内心は不安だった。エスケイプの目的は、イエローバスターの殲滅であって、だから――あたしはヒロムやリュウさんから孤立させられて、不利な戦いを強いられていた。
「バカに? 事実をありのままに言い表しただけじゃない?」
 感情を伺わせない平坦な言い方でバカにされると、いつも以上に腹が立った。いまは冷静にならないといけない。ヨーコにだって分かっていた。平常心を持たないと。敵はひたすら力押しにしてきて、こっちはただ消耗させられている。
「それが事実じゃなくて、あんたの妄想だってことを証明してあげるわ!」
 イエローバスターは構えた。エスケイプは手にした大型銃――ゴクとマゴクを軽々とこちらに向けてきた。激しい音とともに発光が起きて、光線が向かってくる。ヨーコは光線を避けて、ジグザクに走りながら、エスケイプへの距離をつめて行った。
「やあっ!」
 声とともに足を突き上げる。エスケイプは身体を後ろにそらす。ゴクを盾のように使い、マゴクの銃剣がこちらに突き出される。
「そんな攻撃きかないわよ! はぁっ!」
 イエローマスターもまた身体をしならせて距離をとった。エスケイプはそのまま蹴りを繰り出してきた。ヨーコは空中に飛び出た。身体を半回転させて背後に降り立つ。体制を変えずに強引に繰り出されれてきたゴクの銃剣をソウガンブレードで受ける。激しい火花が二つの金属の間を飛び散った。
「中々やるようになってきたじゃない?」
「当たり前でしょ!」
 ゴクを突き返すと、くるりと身体をこちらに向けたエスケイプがにこっと笑顔を作った。無表情なのにどこか喜びを浮かべたような表情だった。きれいな顔立ちだ。ヨーコはその顔を見て思った。きれいなバラにはトゲがある。そのことわざをそのままに表した危険なアバターだった。
「はあっ! やあっ!」
 ソウガンブレードを突き出し、攻撃は防御され、入れ替わりに向けられる攻めを一気に押し返す。身体が熱くなるのが分かった。このままじゃリュウさんみたいに熱暴走しちゃいそうだ――ヨーコはその時、リュウジが理性を暴走させてしまったときのことを思い出した。
「ふふっ! 攻撃が鈍っているわよ!!」
 ソウガンブレードとマゴクが重なる。その時、ゴクが上から振りかぶってきた。ブレードは二つの銃に囲まれた。
「……えっ!」
 パシュ――水が飛び散るような音とともに敵の銃は発光した。それは猛烈な光でイエローバスターはその光の弾に包まれて、身体がふわっと持ち上がった。
「きゃあああぁっ!!」
 光線はバスタースーツに衝突すると猛烈な熱を持った。普段の攻撃ならびくともしないのに、そのほとんどゼロ距離から放たれた攻撃はヨーコの胸に上で大きな炎となって、真っ白な光を広げた。
「あああぁああああっ!」
 紙くずのように空中へ舞い上がったイエローバスターはそのまま、その背後にある倉庫のトタンの壁に衝突する。光は意思を持ったように次々にバスタースーツに注ぎ込まれ、きしむような音がヨーコの鼓膜を激しく震わせた。
「やめて!!」 
 唐突に流れ込む恐怖の音を耳にして、ヨーコは声をあげた。光線はまもなくやみ、壁に磔になったようにイエローバスターは数秒、壁に身をゆだねていた。
「あぐっ……あぁっ!!」
 力を失ったイエローバスターは、そのまま落下して雑草の上に鈍い音と短い悲鳴とともに倒れた。
「まだ、終わりじゃないのよ? イエローバスター?」
「わかってるわよ」
 ぎゅっと目の前の地面をつかむと、土にめり込んでグローブが真っ黒に汚れた。起き上がろうとするには、さっきよりも力が必要で痛みにも耐えなくてはならなかった。
「あんたみたいな女に言われなくたって! 終わりじゃないことぐらい分かってるわよ!」
 頭が鈍い痛みを持っていた。胸が熱くて耐えられないほどだった。エスケイプの声は耳鳴りの甲高い音の間にきこえて、立ち上がろうとするとき、ヨーコはさっきよりもずっと強いめまいを感じた。
 まずい――内心呟きながら、ヨーコは顔を青ざめさせた。戦いの前にチョコバーをかじっていたのに、エネルギーの消耗が予想以上に激しかった。日常の生活を送るなら、ヨーコはそれほど甘いものを大量にとらなくてもよかった。だけど、戦いになって激しい動きをすればするほど、『充電切れ』は早かったのだ。
「それじゃあ、エネルギーの補充だって要らないわよねえ?」
 エスケイプはほくそ笑む。ヨーコは唇を噛んだ。
「すべてお見通しってわけね」
「なんのことかしら。まさか、イエローバスターのエネルギー切れが間近に迫っていて、これ以上になると動けないってことかしら?」
「わかってんじゃないの」
 エスケイプはダメージらしいダメージを負っていないのに、ヨーコは体中が痛かった。見ると、バスタースーツの表面は真っ黒に焼け焦げていて、もう一度今のような攻撃を受ければ――正直、あんまり考えたくなかった。
「……言わせてれば余裕かましてくれちゃって」
 手の中にソウガンブレードはなかった。イチガンバスターもどっかいっちゃっていた。ヨーコは丸腰で武器をもった相手に向かわなきゃ行けなかった。逃げたほうがいい――それが最善の策だって分かっていたけれど、逃げ出そうとすれば、エスケイプは今以上に激しい攻撃を加えてくるはずだった。
「すべてはアンタがイイモノじゃないのがいけなくてよ?」
「いいものとかなんとか、そのアンタの言い方が嫌いなのよ!」
 ヨーコは拳を握って前進するしかなかった。あっという間に、敵に迫っていった。エスケイプは余裕の面持ちを崩しておらず、隙だらけだった。舐められてる――そのことを痛いほどに感じながら、イエローバスターは拳を突き出した。
「はあっ!」
 ゴクで拳ははたかれる。横へ持っていかれそうになる力をなんとか反対に持ち返し、右の肩を突き出した。
「えいっ!!」
 二つの銃の間へ一瞬の隙をついて入り込み、エスケイプの胸にひじうちをめり込ませる。
「なにっ! ああぁっ!」
 ヨーコはそのまますばやく体勢を入れ替えて足を突き出した。よろめくエスケイプが目の前にあってタイミングは一瞬だった。
「はあぁっ!」
 イエローの蹴りがエスケイプを横から殴る格好になった。痛みが身体の節々から噴出して悲鳴を上げるのをヨーコは意思の力で封じ込んだ。痛がっていたら、きっともっと痛い目に遭う。それなら今は痛みに耐えなきゃいけなかった。
 腕を伸ばして、マゴグを相手の手から奪い取った。こちらに向けられた銃口を入れ替え、その鋭く切り立った銃剣の先をその――トゲのあるバラに向けて突き出した。
「やるわね?」
 ゴクを持った手をブーツで踏みつけにした。仰向けに倒れたエスケイプは剣先が突きつけられようと動じはしていなかった。
「当然でしょ?」
「少しはイイモノだって認めてあげる」
「それはどうも。わたしはアンタのことなんて認めないけど」
 引き金に指をかけてぎゅっと絞った。光線が吹き出して、その顔が吹き飛ぶ――ことはなかった。銃はそこにあって、白銀のボディをあらわにしている。ずっしり重くて、マスクをしていても、硝煙のにおいが漂ってくるぐらいだった。
「どうして? なんで?」
「パパもあなたのことは認めないと思うわ」
 声は音叉のように広がった。ヨーコは眉間に皺を寄せた。それはひどく不愉快な声だったからだ。そのとき、不意に胸が熱くなった。いやな音ととプラスティックを燃やすときのような匂いが広がり、パチッっというスパークの音をきいた。
「なにっ?」
 バチッバチッという音は数度続いた。それはヨーコの胸のあたりから広がっていて、音は熱を持って広がり、次の瞬間、バスタースーツは花火のように激しい火を吹き出した。
「きゃぁっ!! ああああああああああぁっ!!!」
 空中に持ち上げられ、イエローバスターはくるくる回転しながら宙を舞った。何度も何度も繰り返される天地の逆転にヨーコは激しく頭を揺さぶられながら、それがいつまでも続くように思えた。
 そうして、気づいたときには急速に地面が近づいてくるように見えて、そしてすべてが真っ黒になって、いやな音があとに続いた。
「ああぁっ……あうあぁっ……」
 喉がひりひり痛くて、舌が乾いた。それはエネルギーがもう危険なぐらいに減っていることを示す身体の反応だった。何か食べないと、頭は思う。でも、チョコバーはモーフィンを解かないと手元にはなかったし、このあたりに甘いものなんてなさそうだった。
「ああ……」
「よくもわたしのマゴクを弄んでくれたわねぇ」
 エスケイプは立ち上がっていた。ゴクとマゴクを地面において、腕をこきこきと鳴らしながら迫ってきた。ヨーコはその真っ黒なレザーのパンツが視界いっぱいに広がるのを見て、乾いた恐怖を抱いた。
「どうして……引き金を引いたのに……」
「わたしのゴクとマゴクは、わたし以外が撃てないようになってるのよ……ふふふ、あなたはまだ、この子たちに信頼されていなかったようね」
「そんな……」
 イチガンバスターなら、ヒロムのだってリュウさんのだって使うことができる。そんなの反則――そんなふうに考えるのはひどくばかげたことだって分かっていた。でも、次第にまとまりを欠いていく頭の中で、首元に細い指が絡まってくる感覚を、ヨーコはどこか遠い世界の出来事のように感じて、目を細めた。
「身体が……動かない……」
「知ってるわ」
 無情な声だった。エスケイプはその真っ赤な口元をゆがませて、イエローバスターの首をつかんでいないほうの拳を握った。そうして、エスケイプは真っ黒にただれたイエローバスターの胸部に向かって、拳を送り込んだ。
「ああああぁっ!!」
 口元につきあがってくる声を、ヨーコはとどめることができなかった。エネルギーはいまにもゼロになりそうで、その中で痛みだけは鮮明な感覚を残した。
「まだまだ……」
 エスケイプの声は悦楽に彩られていた。ヨーコは恐怖を感じて、身体が震えそうで、そうならないように強く念じたのに震えをとめることはできなくて、そうして、エスケイプのストレートから身体を防御する方法も持っていなかった。
「きゃああああああああぁっ!!」 
 びくっびくっと震える彼女――
「いまこのバスタースーツの耐久力は今までよりもぐんと落ちているはず……」
「な、なんで、そんなことを……」バイザーに表示されてるデータは普通だった。そうなにも起きていないような状況を示している。こんなに痛いのに――ヨーコは目を見開いた。スーツが焼け焦げているのに、データは普通を示していた。「まさかっ!!」
「気づいたのかしら?」気だるそうにかつ加虐心に彩られた声は、ヨーコの鼓膜を恐怖で震わせるのに充分な力を持っていた。「さっきのゴクとマゴクの放った光線は、破壊光線のほかに、バスタースーツを狂わせるウイルスプログラムを送り込んでいたのよ……」
「そんな……」ヨーコは目が痛くなるぐらい瞬きを繰り返した。でも情報は変わらなかった。「そんなことできるはずが」
「そうよ、普段ならできない。だけど、イエローバスターは消耗していた。だから可能だったのよ……」
 拳が握られた。ヨーコはそれを見ていた。エスケイプはその拳を勢いをつけて、イエローバスターのへそのあたりへめり込ませた。
「ああああっ! うううぁぁっ!」
 くの字に折れ曲がるイエローバスター――喉を込みあがる苦いものを感じて、ヨーコは瞼に涙をためた。ゆるくしまる首の呼吸はまるで真綿でぎちぎちと絞められているようだった。
「やめて……」
 かすれるような声で、ヨーコは言った。形成は限りなく不利だった。彼女は負けるのはいやだった。だけど、際限なく繰り出される攻撃に晒されて、身体は思い通りにならず、精神も磨耗してエネルギー不足を起こしていた……
「なにかいったかしら。きこえないわ」
 拳は振りかぶられた。ヨーコはただサンドバックになるしかなかった。拳は近づいてくる。それはめまぐるしい速度でイエローバスターに向かってきていたのに、なぜかヨーコにはひどくゆっくりであるように見えた。拳はそのまま何度も打ち付けられた腹部と胸の間へ飛び込んだ。全身を震わせるような激しい殴打に、呼吸がせつなとまって、ショックが一瞬だけ意識をぬぐいとろうとした。
「あああぁあああああっ!! ああああああぁっ!!!」
 バスタースーツが緩衝しない敵の暴力に晒されて、ただその攻撃を受け止めるしかなかった。首をつかむ腕が放され、何度目かに彼女は宙へと浮かび上がった。拳は引っ込められ、間をおかず次の打撃となって、彼女に向かって帰ってきた。
「やめ……ああああぁあっ!! ああああああああああああっ!!」
 力を失って、イエローバスターはひらひらと宙を待った。身体中の骨が砕けたみたいに感じてヨーコは激しい熱を感じて、涙を流した。仰向けで背中を弓なりにしたまま、地面に倒れて、バウンドしてもう一度地面へ倒れた。
「ああぁっ……ヒロム、リュウさん、みんな助けて……」
 普段の勝気な彼女なら決して漏らすことはなかったであろう声を発して、ヨーコはぽろぽろと涙を流した。背中を丸めて、頭を抱えて地面に丸まった。光が、黄色い光が彼女の小さな頭を包み込み、一瞬のうちにマスクが消滅した。
 バスタースーツがその形態を維持できなくなりはじめた。額から血を流したヨーコは、その顔に年齢そのままの幼さをあらわにして、敵のアバターが地面を踏みしめながら、こちらに歩いてくる音に恐怖を抱いて顔を引きつらせた。
「もう終わりかしら……やっぱり、あなたイイモノなんかじゃなかったわね」
 エスケイプは手に銃を持っていた。ゴクとマゴク、それはヨーコの顔に向けられ、彼女の顔にはその武器が作り出す陰がかぶった。ヨーコは真っ白な顔をあげて、その銃口とその向こうに立っている女の顔を見た。
「そんなこと……」
 彼女の意識はいい終わるまで保たれなかった。
 
「反応はここら辺からだ」
 レッドバスターとブルーバスター――ヒロムとリュウジはモーフィンブレスの表示を頼りに、その廃工場へ急行した。
「ヨーコ!?」
 ヒロムはマスクを抱えて、あたりを見回していた。
 エスケイプによって孤立させられたヨーコはこの辺にいる、そう表示が出ていた。無事でいてくれればいいが――普段は、減らず口をたたきあっている二人だったけれど、それは二人とも信頼している仲間だからこそだった。誰よりも身を案じているのは、ほかならぬヒロムで――
「こっちだ」
 ヒロムはリュウジの声に振り返った。反応は次第に大きくなる。建物の中はがらんとしていた。高い天井は一面錆びて茶色く汚れていて、不気味だった。ヒロムは目をこらした。向こうの鉄の柱に何かが『あった』。
「ヨーコだ!」
 ヒロムは声をあげた。走り寄って見上げると、それは紛れもないイエローバスター/宇佐見ヨーコだった。その巨大な柱に磔にされ、ワイヤーでぐるぐる巻きにされている。上半身のスーツはほとんど焼け焦げ見る影もなく――ヨーコの肩と顔は真っ黒に焼けてしまったのではないかというぐらい、どす黒いやけどで覆われていた。
「待て、ヒロム」
「なんでだよ!」
 ヒロムは振り返った。リュウジが立っている。
「これは罠だ」
「……そうよ」
 声はリュウジの肩越しにきこえた。ヒロムはそちらを見た。そこには女がいて、こちらに歩いてくるところだった。
「エスケイプ」
 ヒロムはいい、そのときにはリュウジもそっちへ身体を向けていた。
「ヨーコちゃんをこんな目に遭わせやがって」
 リュウジの声は震えていた。その時、さっきからこんな事態になっているのにどこか澄ましているふうの仲間が抱いている怒りの大きさを、ヒロムは感じた。彼はリュウジと並んだ。
 エスケイプは気だるそうな目をこちらに向けていた。
「世の中は弱肉強食、イイモノが悪いものを食らう。そういうふうにできている、それだけのことよ」
「ふざけるな」
「リュウジさん、敵の挑発に――」
「わかってるよ!」
 彼は今にも熱暴走を起こしそうだった。ヒロムだって怒っていた。だけど……
「イエローバスターのおかげで、バスタースーツのシステムも解析できたわ。ふふふ、レッドバスター、ブルーバスター? あなたたちのデータは全てこの中にあるわ」
 手にしたタブレットを示して、エスケイプは無表情のまま笑顔を浮かべた。
「ふざけるな、データを集めたぐらいで勝った気になるな!」
 エスケイプはさらに大きく笑った。ヒロムはリュウジと目をあわせ頷きあった。この敵を可及的速やかに排除して、特命部へ連れ帰らなくてはならない。二人はマスクを装着した。エアが抜ける音が戦場に大きな音となって響いた。
 エスケイプは余裕のある面持ちを崩さず、タブレットの上で指を走らせた。レッドバスターとブルーバスターは走り出した。


inserted by FC2 system